国内で「ドライブスルー型」葬儀が登場!車に乗ったままお焼香

mig

国内で「ドライブスルー型」の葬儀システムが販売される。

長野県の「竹原重建」が販売へ

長野県上田市で建設業や産廃処理を行う「竹原重建」が、葬儀関連事業に参入するという。

販売するのは、「ドライブスルー型の葬儀システム」や「生花などの共同購入システム」。

今年5月に設立した葬儀場向けコンサルティング会社が葬儀会社などに提案した「ドライブスルー型葬儀システム」を竹原重建が建設する。

葬儀会場に車で乗り入れ

竹原重建が販売するドライブ型の葬儀システムは、「ドライブスルー&アテンドスタイルホール」という名称。

葬儀会場の参列者の後ろに焼香台を設置し、車が通り抜けられるスペースを確保。

焼香の様子はカメラで撮影されて遺影横のスクリーンに映し出されるので、誰が参列したかも分かる。

価格は、1800万円と工事費。

ドライブスルー葬儀の流れは?

ドライブスルー葬儀に参列するドライバーは、まず自動受付機に名前などを入力。その後、車で葬儀会場に乗り入れて車に乗ったまま焼香を済ませる。

焼香後は、ボタンを押してゲートを開き退場する。

20150827閾ェ蜍慕┥鬥吶す繧ケ繝・Β
D&AコンサルティングHPより

多忙な人や高齢者の取り込みを狙う

車にのったまま葬儀に出られるシステムをつくることで、多忙な人や高齢者などが参列しやすい環境をつくるのが狙い。

竹原重建には、すでに葬儀場から問い合わせが来ているという。

ネット上には賛否両論の声

ドライブスルー型葬儀場の登場を世間の人々はどう捉えているのだろうか?ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。

【ネットの声】

「あなや…葬儀でドライブスルーとな… それでも来てくれただけ嬉しいと喜ぶべきなのかそんなに時間が無いのに申し訳無いと恐縮するべきなのかそんなに一分一秒が惜しいくらいなら来てくれなくて良いわ!と嘆くべきなのかどれだ…」

「ドライブスルー葬儀とか!! 車から降りられないなら無理せず、体調を理由に行かなくていいんじゃないかな! 悼む気持ちがあればどこにいたって一緒だと思うんだけど、特に年寄りは、そうはいかないだろうけど、だけどドライブスルーって。ないわぁ……」

「ドライブスルー葬儀まで来たら、弔問オンラインまで後一歩か」

「ドライブスルー通夜とか取引先の葬儀なんかだと助かるな」

「いっそ、ドライブインシアターならぬ、ドライブイン葬儀でいいんじゃなかろうか。参列車全員車に乗って参列し、読経はラジオから流れてくんの。焼香はドライブスルー方式で」

「ドライブスルー葬儀w新しい文化の形として根付いたら面白い 多分色々文句を言う人がいるのだろうけど、仏教って元は葬儀なんてしない宗教だからね。道端で衰弱死が理想形だから」
馴染みのないスタイルに違和感を感じるという人が多いが、好意的な意見もあった。

アメリカには既に存在

日本ではまだ馴染みのないドライブスルー型葬儀場だが、アメリカではすでに利用されている。

米カリフォルニア州に1974年に開業した「ロバート・L・アダムズ葬儀場」では、ガラス張りの部屋に安置された故人と車に乗ったままお別れすることができる。

足腰の弱った高齢者や多忙な人に便利だとして注目を集めているという。

出典元:IRORIO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る