初めてのエンディング産業展2015 ①

IMG_6473

12月8日(火)~10日(木)の3日間、東京ビッグサイトにてエンディング産業展2015が開催された。

エンディング産業展というのは、

葬儀・埋葬・供養・フューネラルビジネスに関する、設備・機器・サービスの集まるエンディング産業に関する専門展示会。

簡単に言うと、葬儀関連の「こんなサービスありますよ!」「こんなもの作りましたよ!」という情報交換や商談のための場。

 

そこで私は2つのことを思いました。

まず一つ目は、

 

それって人来るの?

 

そもそも、なぜ平日のイベントなんだろう?と疑問を持ちました。

エンディング産業展のHPを見ると【友引】の文字。

 

なるほど。

友引は「凶事に友を引く」といういわれがあるので、告別式を執り行わない。

なので葬儀関係のお仕事の方は土日休みではなく、友引や友引の前日(引き前と呼ばれる)が休みになることが多い。

なので曜日はあまり関係がなく、

結果、平日ど真ん中のイベントいえども、来場者は各日7,000人を超え、3日間で22,000人以上!

 

IMG_6470

 

そして2つ目の疑問

 

そんなに葬儀って進化してるの?

 

まず謝ります。ごめんなさい。

してました。とってもしてました。

 

謝罪の気持ちと好奇心で、その幾つかを紹介したいと思います。

 

まずこちら

トモエ陶業株式会社さんの骨壺です。

 

IMG_3012 IMG_3013

もう一度言います。骨壺です。

 

ちなみに一般的な骨壺はこちら。

DH000053

故人の趣味に合わせ多種多様に進化した骨壺を見ることができました。

 

同じく商品として「こんなのあるんだ!」と目をひいたのが、

株式会社B-SKYさんのオリジナル棺

IMG_6488

 

故人にとって肉体がある状態で入る最後の部屋を大事にするべく、好きだった花や季節、趣味を棺にデザインする。

そんな素敵な発想から色とりどりの棺を用意。

 

IMG_6485

 

それだけではなく、セミオーダーやフルオーダーで故人の人生を讃えるデザインやペットを近くに感じられるもの、故人との想い出を振り返ることができるデザインも用意されている。

 

IMG_6483

IMG_6482

窓部分にもデザインが施されている。

IMG_6484

祭壇にも彩りを添えることは間違いなし。

 

 

盛り沢山のエンディング産業展2015。

次回はペット葬について報告したいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る