年末年始の訃報。遺体はどうなる?葬儀は?

osechi

 

悲しいことですが、人の死というのはクリスマスだから、正月だから、というのは関係ありません。

年末年始というのは年間を通じた日本人の行事の中でも特別なもの。役所もお店も休みとなる年末年始にかけての訃報にはどのように対処すればいいでしょう。

 

重病人を抱えている身内の心がまえ

「あと数日がヤマです。」医者からそう告げられたのが年末年始だったら……。

まずはあわてないように、あらかじめ葬儀社の検討をつけておくことが必要です。

葬儀社は年中無休でも、火葬場は休みなのですぐに通夜・葬儀をすることができません。

葬儀はどうするか、安置方法などを具体的に打ち合わせしておきます。

火葬場が休みの間は通常使用されている霊安室や安置室などが混みあいますので、葬儀社の倉庫などを利用して安置するケースもあるようです。

そのような安置方法に疑問がある場合はすみやかに申し出ること。

もちろん葬儀費用については見積もりをきちんと出してもらいましょう。

念のため菩提寺にも連絡をし、年末年始に亡くなった場合の通夜・葬儀について確認しておきます。

 

年始は火葬場が休み。ご遺体は大丈夫?

年末年始でも役所の時間外窓口は開いていますので、死亡届を提出して火葬許可証を受け取ることは可能ですが、正月はほとんどの火葬場がお休みとなりますのでご遺体は自宅か霊安室などに安置をすることになります。

年始の営業開始日は火葬場によって異なりますので、直接問い合わせるか葬儀社へ確認してください。

「長い期間そのまま遺体を置いて大丈夫?」と腐敗を気にされる方もいらっしゃるでしょう。

2~3日なら問題ありませんが、冬の室内は特に暖房が効いているのでドライアイスなどの保冷剤の効力が落ちる場合があります。

また、休み明けは火葬場が混雑することから、数日間待機することも考えられますので、エンバーミング(ご遺体を特殊技術で衛生的に保全すること)などの遺体保全処置をする方法をすすめている業者もあります。

reian

保冷庫を完備している業者でも、年末年始は満室になり使用できないこともあります。

 

年末年始の葬儀はどうする?

29日くらいまでの年末の葬儀については「年末だから」という特別な対応をする必要はありません。

故人や遺族の要望に応じた葬儀をしていただいてかまわないでしょう。

問題なのは火葬場がお休みに入る年末(12月30日くらい)から年始(1月中旬)にかけて。

世間がおめでたいムードに沸いている中で訃報通知をすることは、遺族にとっても心苦しいことです。

そのため「あまり大げさな葬儀はしたくない」と希望される方がほとんどです。

また、松の内に葬儀をすることを快く思わない人もいるので、7日くらいまでの間は身内だけの葬儀にしておいたほうがいいでしょう。

葬儀という形をとらず、火葬のみで故人を送ることもできます。

とりあえず密葬にして松が明けてから改めて葬儀をすることもできますし、ホテルやレストランなどの会場を借りて「お別れ会」「偲ぶ会」などを開催することもできます。

 

年賀状を出した後だった!どうしよう?

年末年始に亡くなった場合、「年賀状はすでに郵便局に投函済」というケースがほとんどでしょう。その場合はどうしたらいいでしょうか。

この場合、誰もが不測の事態だったことになるので、出してしまったからといって受け取る側が憤慨するようなことはないと思います。

しかし、年内に訃報の知らせを聞いた場合にはすぐにお詫びの連絡を入れましょう。

年が明けてしまった場合には、松が明けた頃(1月7日過ぎ)に寒中見舞いでお悔やみを兼ねたハガキを出します。

 

喪中のおせち料理はアリ?

おせち料理とは、そもそも無病息災の1年を願って作られるもの。つまりお祝い膳です。ですから喪中の場合には食べない、作らないものとされています。

「もせち」と名付けられた喪中用おせち料理をつくっている会社もあります。

大根や芋などの根菜と豆腐、蒟蒻、麩、豆類などを使った本精進だそうです。

年末年始に親しい人がなくなると、1年のスタートが少ししんみりとした悲しい雰囲気になります。

しかし、この時期は役所や火葬場が休みだからこそ動くに動けず、つまり、手続き等であわてることなく故人と向き合える時期でもあります。

1年のスタートを亡き人とゆったりと過ごす……心に沁みるお別れになりそうです。

 

 

出典元:All About

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る