虫はなぜ仰向けで死ぬ?

a1380_000397

 

結論。

虫の重心が背中側にあるため。

だから平たい虫でもうつ伏せに死んだとしても、
そのうち死後硬直が始まり、足が内側に折れ曲がってくると横ばいや傾いた状態になります。
そこに風が吹いたり何らかの振動で、重い背中側に虫はひっくり返る。

それに多くの虫は草や木の上で生活してます。
ので、力尽きると落ちるわけだけど、重心の重い背中から落ちるのは自然な事。

 

ゴキブリが仰向けで死ぬのは、体のバランスが取れていないため。
ゴキブリには、足を内側に収納する機能がある。
死ぬ時に足が内側に向いていると、体のバランスが取れずに横向きになるが、
骨のない平べったい体では横向きになる事ができず、
そのまま転がって仰向けになってしまう。
実はこれは、蝶以外の6本足の昆虫ほぼ全てに当てはまる。

だからうつ伏せに死んでる虫は、
北斗の拳のラ王のように 『我が人生に一片の悔いなし!!』
と、背中をつかづに死んでる世紀末の覇者と言えますね。

 

出典元:Manga●製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る