バレンタインデーは愛を広めた人の命日

lion_01.20

バレンタインデーという日はキリスト教の聖人、ヴァレンティヌスの名前から名付けられています。
このヴァレンティヌスが生きていた3世紀のローマでは国を挙げて1人でも多くの兵士を
戦場に出そうと若者の結婚を禁止しました。
結婚させると奥さんや子供といった大事な人が出来てしまい、自分の命が惜しくなったり隙が生まれてしまいますよね。

自分の命を投げ捨ててまでも、国を守る!

という強い意志を待たせるため、ローマ皇帝はそんな決まりを作ってしまったようなんです。

好きな人と結婚出来ないなんて酷い

そう思ったのは、若者だけでなくヴァレンティヌスも一緒。
なんとこっそり、若者達の結婚を認めてしまったのです。
これを皇帝が黙っているはずもなく、国家の決まりを破ったヴァレンティヌスは処刑されることに…。
2月14日は、若い兵士達の味方ヴァレンティヌスが

殉職した日なんです

その後ローマでは、この日に合コンで言う王様ゲームのような行事が生まれました。
それは…。

自分と付き合う人をクジで決めるというお祭り!

このお祭り、ちょっと危ない気がしませんか?
キリスト教としても、黙って続行させ続けるワケにもいかなかったんです。
別のお祭りにしてしまおう!ということで、この日が命日である

ヴァレンティヌスを偲ぶ日

としてバレンタインデーが誕生したそうです。

 

日本のバレンタインデー

さてバレンタインの由来が分かったところで、日本のイベントを思い出してみましょう。
ヨーロッパの方々に申し訳ないくらいにキリスト教の意味合いを持っていませんよね。
それもそのハズ。
バレンタインに女性から男性にチョコを渡すのは日本発祥の文化だったんです。
これも、1958年に製菓会社が

チョコレートの販売促進の為に好きな男性に女性からチョコレートをあげよう!

とキャンペーンを行ったのがきっかけでした。
ヨーロッパでは、好きな人にカードや花、クッキーを贈るので、バレンタインにチョコと必死になるのは日本周辺だけなんですね。
この話を聞くと、お菓子会社の戦略にハマってしまったようで夢が崩れますが。
もし海外の方とお付き合いした場合、バレンタインにチョコを渡しても反応がないかもしれません。

 

出典元:生活の木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る