あなたの葬儀社選びは間違っていないか?

Portrait of a three happy business woman all with there thumbs-up.

▼どのような葬儀を行うのかイメージしよう

故人の意志を尊重し、また遺族の想いを組み込んだ形でどのような葬儀をやるべきなのか、細かい点を除いてイメージだけはしておきましょう。どれくらいの人数で、どれくらいの金額でどんなサービスが必要なのか、またどんなことをやりたいのかをイメージしておくだけで葬儀社を取捨選択する際に大きな判断材料になります。WS000023葬儀社の数だけ葬儀社のスタイルも違いますので、インターネットや雑誌・媒体などを熟読することもお勧めです。しかし疑問や不明点がある場合、葬儀社に直接電話をして聞くことには多少なりとも抵抗があると思います。そのときは情報サイトなどを見てみると有効な情報を得られることが多々あります。中立公正な立場での口コミ比較サイトなどもあるので参考にしてみましょう。(例:soogi.jp 口コミ比較サイト)

 

▼ハード面とソフト面、どっちを優先する?

葬儀の規模や知名度、価格などのハード面、サービス内容や対応力、分かりやすい説明、希望に沿った提案をしてくれるか、など信頼と安心を感じるソフト面、どちらを優先すべきでしょうか?先述の通り、これもやはりどのような葬儀をイメージしているのか、何を優先させていくのかによります。価格重視であれば数社へ見積もり依頼をかけて比較検討をすること、サービス面や対応力を求めるのであればインターネット・雑誌媒体を通じて情報収集し、直接電話をしてみることが必要です。但し電話をする場合も検討中であることをしっかりと伝えて検討している葬儀社が他にあることも示唆しておくべきです。故人や遺族にとって一番良い葬儀とはどこに優先順位を決めていくかによって変わってきます。

▼強みのある葬儀社がおすすめ

葬儀社を検討しなくてはいけない状況は突然にやってきます。心情的にも肉体的にも困難を極めているにも関わらず、また判断材料も揃っていない上で決定を余儀なくされます。よくある困ったことランキングでも挙げられる項目です。そういったことを想定した上で早い段階からどのように葬儀を執り行うのかを決めておきましょう。強みだけでなく、どこに力を入れている葬儀社なのかをしっかりと見極めていくことが重要なことです。葬儀という非日常的な事柄のため判断しづらいところも多々あると思いますが、まずは故人の遺志を尊重できて、遺族の意志を貫ける。そんな葬儀が出来るように常日頃から考慮しておくことが必要なことかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る