焼香の仕方が分からない人必見!

imasia_1555837_M

焼香(しょうこう)の考え方

焼香については、葬儀が行われているその宗派に合わせるという考え方と会葬者自身の宗派に合わせるという2通りの考え方があります。例えば、真言宗を信仰している方が曹洞宗の葬儀に参列した場合、真言宗のスタイルで焼香するのか、または曹洞宗のスタイルで焼香するのかということです。葬儀を執り行う宗派に合わせることはその宗派を尊重することになり、また自らの信仰する宗派に合わせることは会葬者の信仰の自由を尊重することになります。最も望ましいのは宗派の違いを理解して気持ちを込めて会葬者の信ずるところにしたがうことだと考えます。


 宗派による焼香の仕方の違い

故人とお別れをする際に焼香の仕方に迷いを持つことが多々あるかと思います。先述の通り、宗派によっても違いがありますので一概には答えられない点でもあります。キリスト教でもカトリック教会やルーテル教会では焼香が認められており必ずしも献花とも限りません。しかし仏教では焼香、キリスト教や無宗教では献花、神式では玉串を用いて拝礼することが一般的です。そこで宗派による焼香の違いを以下にまとめてみます。

 

<天台宗(てんだいしゅう)>回数についての定めはありません

<浄土宗(じょうどしゅう)>回数についての定めはありません。

<真言宗(しんごんしゅう)>通常は3回です。

<臨済宗(りんざいしゅう)>回数にはこだわらないが、通常は1回とされている。

<日蓮宗(にちれんしゅう)>通常は3回です。

<曹洞宗(そうとうしゅう)>回数にはこだわらないが、通常は2回とされている。

*以上の宗派は、香を額に戴いて焼香します

<浄土真宗(じょうどしんしゅう)>香を戴くことはありません。本願寺派(西)は1回、大谷派(東)は2回とされており、線香を用いることが多い。(寝かせ香炉)


 献花(けんか)

献花とは、葬儀で霊前や神前に花を供えることをいいますが、全ての葬儀で行われるものではありません。仏式では焼香、神式では玉串奉奠(たまぐしほうてん)にあたる儀式で、最近では無宗教の葬儀が多くなっており、以前より献花を行う機会が増える傾向にあります。よく見かける有名人の方が亡くなった際にファンの方たちが葬儀で献花している姿が見受けられますがこれにあたります。またホテルなどが会場の場合、会場側から献花をお願いすることも多々あります。ホテルなどでは焼香の香りや煙などが他のお客様にご迷惑になる可能性があるという理由だと思われます。映画のワンシーンでも見かけますが、欧米では墓地にて献花をしていることはよく見られますが、キリスト教の告別式でも献花によるお別れをします。実はこれ、日本独自のものなんです。そして花にも用途があり、献花・供花(きょうか)・枕花(まくらばな)・お別れ花・祭壇花と区別されます。よく勘違いされるのが献花と供花の違いです。献花は1本ずつ会葬者が祭壇に供える花(場合によって棺にいれることも)、供花は式場や祭壇に飾るためのお供え花のことです。遺族や会社、知人などからお悔やみの意を込めて贈られた花になりますので区別できるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る