首都圏の火葬場が大渋滞、地方へ空輸受け入れも

214

首都圏の火葬場が不足してきた。

 

ちょっと信じがたいことだが、首都圏では火葬場の予約が取れないために長期間火葬を待たされ、葬儀式が行えないでいる。

そこで火葬場もこれまで閉めていた「友引」に開け、火葬時間の枠を広げる施設が出てきた。

 

多くの方が亡くなる社会に合わせて変化を求められている。

国内の死亡者数は推計で2039年には2015年の3割増の167万人と最多になる。首都圏では5割を超える自治体が目立つ。

現場では増える火葬にどう対応するのか、模索が続く。

そんな中、首都圏の火葬場の混雑を避けて、地方の施設を利用してもらおうという取り組みが始まった。

 

 

小松加賀斎場さざなみ(石川県小松市)は地元出身者が首都圏で亡くなった場合に火葬を受け入れるという。

「お葬式はふるさとで」をキャッチフレーズにチラシを配り、地元の葬儀社などの連絡先などを載せている。

火葬場の利用で、遺族が故人の故郷を感じ見送ることができるのではないか。

火葬を起点として葬儀も多様化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る