ビートたけし氏、桑田佳祐氏に次いでサオリリスさんという女性が生前葬をするようです。

20151015140151

みなさん生前葬というのをご存知でしょうか?

 

生前葬とは?

生前葬とは、本人が生存しているうちに本人の意思により行われる葬儀で、基本的な考えとして「生きているうちに、自分がお世話になった人や縁ある人を招いてお礼を述べたい」ために行う人が多いようです。

 

引用元:生前葬|これからの葬儀|葬儀辞典|きよらか

 

調べてみると歴史は江戸時代まで遡るらしく、現在存命の有名人であればビートたけしさん、桑田佳祐さん、テリー伊藤さんなどが生前葬を行っているようです。

しかし、周りで生前葬を行っている人を見かけたことってありませんよね。

 

そんな生前葬を今回決めたのがサオリリスさんという女性。

20151017180816

 

画像はTwitterより。生前葬するだけあってアイコンが「遺影」とはかなり身体を張っています。本気ですね。

サオリリスさんは元DJで雑誌のモデル、京都精華大学の非常勤講師も務め、ミスiD2016のセミファイナリストにも選ばれてる方。

 

遺影では顔が分かりにくいとおもうので。

サオリリスさんはこの生前葬のためにカリスマ美容師であり美容界ナンバー1ブロガーでもある木村直人さんに髪を切ってもらっていました。

参考記事:Naoto Kimura » 【新人類!】なんかよくわからんけど【葬式】をあげるらしいのでそれ用にカットした話。

 

木村さんの切った髪型のセンスも素晴らしいですし、サオリリスさん自身めっちゃカワイイ。

20151015135837

パーカー似合いますね。

このサオリリスさんがどうして生前葬をやろうとおもったのか、ぼくは全く分からないんですけど。

以下のつぶやきがグッと来たのです。

 

葬式やるって決めてから、俄然生き生きしてきたらから、生きてんのつまらない人は葬式やったらいいよ。

たしかに自分の死に触れる機会なんてこの平和ボケした日本にはなかなかありません。

「今日死ぬかもしれないとおもって今を生きろ!」と言う人がたくさんいるけれど、言ってる意味は分かっても、どこかリアルじゃない。

サオリリスさんのように「現実で死を疑似体験する」ようなことを行えば、生きる活力がグッと湧いてくるのかもしれませんね。

 

起業家の家入一真さんが生前葬について興味深いことを言っておりました。

生前葬で自らの死と向き合うことで逆に生を感じるというのは、なんだか、空間の余白を見つめて輪郭線を描きだすことに似ている気がするね。

ぼくはサオリリスさんのことはこの生前葬をキッカケに知ったんですけど、たとえネット上でしか知らないぼくでも何だかドキドキします。

周りにこんな人いないので面白いですよね。

 

20151017183607

どんな式になるのか想像も付きませんが、サオリリスさんのTwitter見てるとだいぶ面白いですよ。

棺桶がキターーー!!!!

棺桶キターーー!とか絶対日常で言わないセリフですよね。w

ご住職キターーー!!かっこいい・・・しぶい・・・

住職がとうとう登場した模様!

 

今回のサオリリスさんのことをキッカケに生前葬について知った方も多いのではないでしょうか。

生きることに疲れた人は思い切って自分の葬式をして「自分の死と向き合う」と大きな変化を生み出せるかもしれません。

 

サオリリスさんが無事、成仏しますように。

 

わっしょい!

 

出典元:未来は変えられるの?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る