中国のお葬式はとにかく派手!お金を燃やしてストリッパーが来る!?

china_funeral

日本に独特の葬儀形式があるように、
世界各国にはその国々の形式というものがあります。

同じアジアに属する国でも文化や風習は大きく変わりますが、
たとえば隣国である中国はどうでしょう。
中国はニュースでもよく取りあげられている国ですが、
葬式の違いについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

ちょっと驚くような葬儀風習がいくつかある半面、
それにはちゃんとした人間味を感じる理由が隠されています。
今回は、中国で行われている葬式の特徴をいくつかご紹介します。

中国のちょっとおどろく葬式文化

中国と日本とでは葬式の様式や考え方が大きく異なりますが、その中でも、ちょっと驚く葬式文化についてご紹介します。

■紙銭
日本では三途の川の渡河料金として、硬貨や硬貨を模した紙を棺に入れるという習慣がありますが、中国にも似たような習慣として、紙銭が行われます。
紙幣を模した紙を焼くというもので、お金が煙となって向こうの世界まで届くとされています。
近年では中国元だけでなく、ドル紙幣などを模したものや家の模型、銀行の模型などを燃やすといったことも行われています。

紙銭
イメージ写真の出典:Harald Groven

■葬式はとにかく派手
日本での葬式は厳かで静かなイメージがありますが、中国ではできる限り賑やかな葬式が好まれます。
供物を会場いっぱいに並べたり、銅鑼や爆竹の音が鳴り響いたり、お金をばらまいたりといったことがあります。
葬式自体の規模も大きく、行列が数キロにわたって続くこともあります。
共産党員においては、近年の汚職取り締まり強化にあわせて、「お葬式の規模で富や人脈を誇示しないよう」にと通達が出されているようです。


イメージ写真の出典:中国の派手な葬式、死者よりもメンツが大事?―仏華字紙

■葬式でストリップショー!?
前述のように中国の葬式では派手なものが好まれますが、その一環としてストリップショーを行うという習慣が近年問題になっています。
2015年4月には、中国文化省からこの習慣に対する禁止声明が発表されました。

参考リンク: 中国、葬儀でのストリップショーを禁止

Youtubeで「葬儀 中国」と検索すると、たくさんヒットしますので、気になる方は検索してみてください。

■泣き女
葬式へ参列し、盛大に泣くという職業である泣き女」ですが、イギリスやエジプトをはじめ、中国でもこの文化が根付いています。
実は泣き女だけでなく、泣き男も存在しているようです。
日本人からすると少し笑ってしまいそうですが、中国では、遺族たちは悲しい気持ちを隠すことなく全身で表現するために、おもいっきり泣くという行為に違和感を感じることはないようです。

中国の葬式習慣が生まれた理由

前項でご紹介したような葬式文化は、日本とは異なる考え方が大きく影響しています。
この項では、その葬式の週間が生まれた理由をご紹介します。

■参列者が多いほど良い
中国の葬式では、参列者が多いほうが死者への弔いや尊敬の気持ちを表すことができるとされています。
たとえば前述した派手な葬式や斎場でのストリップショーも、参列者を集めるための一種のパフォーマンスのようなものです。
なぜ参列者が多いほうが良いのかは定かではありませんが、「葬式の参列者が多い人はいい人だ」「いい人は死後の世界でも幸せになれるはず」という2つの考えから、「参列者が多いと死後の世界でも幸せになれる」という結論に至ったとも考えられます。

■儒教文化
儒教といえば、古代の中国において孔子が生み出した思想です。
礼節や仁義、上下秩序などを唱え、道徳を主とした徳治主義を主張しました。
中国はこの儒教文化であるため、祖先に対する敬意を強くもっています。
だからこそ故人のために盛大な葬式をおこない、感情も素直に表現します。泣き女という職業があるのも、こうした儒教が強く影響しているといえるでしょう。

素直な考えが葬儀に表れている中国

上記でご紹介したいくつかの葬儀文化は、日本人からすると驚くようなものも多いですが、あくまで、故人が死後の世界で幸せとなることを願うためであったり、悲しい気持ちをストレートに表現するというのは、とても人間味が溢れる文化ともいえるでしょう。

特に、しっかりと悲しむという点は、故人の死をしっかりと受け入れるための道程である、グリーフワークにおいて非常に重要です。
悲しさを表さない日本の葬儀においても、取り入れるべき点であるかも知れませんね。

出典:小さなお葬式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る