葬儀を題材にした映画

zatugaku_eiga

葬儀を題材にした映画といえば、
伊丹十三監督の『お葬式』が有名だ。

1984年公開のこの作品、
当時ほとんど扱われてこなかったお葬式をユーモラスに描き、
当時大きな話題となった。

それから早三十年。

今回は過去葬儀を取り扱った映画の中で、
入手しやすく面白い映画を三本、紹介したい。

『おくりびと』

2008年に公開され、アカデミー賞外国語映画賞や日本アカデミー賞ほか、
国内外の映画賞を数多く受賞したこの作品。

「納棺師」という職業にスポットを当てている点が新しく、
その所作の美しさが印象的なものとなっている。

亡くなった人の遺体に仏衣を着せ、化粧を施して棺に納めることを専門とする、
「究極のすき間産業」(映画の登場人物の言葉)だそうだ。

映画の主人公は、失業したチェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)。
チェロの道を諦めて、優しい妻である美香(広末涼子)とともに故郷の山形へ帰り、
その地で図らずも納棺師の職に就くことになる。

主人公は最初からかなり強烈な体験をしたり、
地元の幼馴染や妻に「そんな仕事やめろ」とけなされたり、
仕事先の遺族から暴言を受けたり…と厳しい場面をいくつも迎え、
その中で成長し、自らの仕事にやりがいや誇りを持つようになる。

テーマは重いが、
全編に漂うやわらかいユーモアのおかげで、雰囲気は重苦しく無い。
最後は静かな感動に浸れる作品である。

チェロが主となっているBGMや、レトロな雰囲気のインテリアなどの映像も綺麗だ。

製作年:2008年 上映時間:130分 配給:松竹
監督:滝田洋二郎
キャスト:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太 他

『社葬』

バブル期の日本を舞台にした、
葬儀というよりは大企業の派閥争いがメインテーマの物語。

だが、ラストの社葬シーンが映画の山場となっており、
そこへ向かって人々の思惑が絡んで進んでいく様子は、ハラハラ、ドキドキする。

大企業とは「太陽新聞」という新聞社で、作中では業界トップクラスという設定だ。

会長派と社長派に分かれて激しく権力を争う中で、
会長が倒れたかと思えば、その晩社長が愛人の元で突然死してしまい、
現場は混乱する。

盛大な社葬を執り行うこととはなったが、そのための会議の場も紛糾。
中年男性たちが絶えず喧嘩している映画である。

主人公の鷲尾(緒形拳)は派閥が嫌いで距離を置こうとするが、
友人の徳永(江守徹)に巻き込まれ危うい立場に追い込まれてしまう。

社葬の場面はあまり出てこないが、
準備の段階で、戒名料が500万円だとか、
祭壇の花の取り換えに1500万円だとか、
予算に関する嘆きを聞くことが出来る。
(ちなみに戒名料は社葬費用の対象外である。)

会社をあげておよそ二週間の準備期間を忙しく過ごす、
その雰囲気は十分に感じ取ることが出来る。

ラストの社葬シーンで、次期社長の発表がされ、派閥の勝敗が決する。

社葬の参列者の多さや規模の大きさから、
いかに重要な後継者決定の場であるのかがわかる場面だ。

テーマはシリアスだが、笑える場面も多い。

製作年:1989年 上映時間:129分 配給:東映
監督:舛田利雄
キャスト:緒形拳、十朱幸代、井森美幸、吉田日出子、藤真利子 他

『お葬式に乾杯!』

2007年のイギリス映画『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』を、
ハリウッド・リメイクしたコメディ作品。

今回紹介する中ではど真ん中にお葬式を扱っており、
またどれよりもコミカルである。

亡き父の遺言により自宅にて葬儀を行うことになったアーロン(クリス・ロック)。
葬儀社の人間に「遺体を間違える」というミスをされ、
最初から先行き不安な雰囲気である。

作家として成功をおさめ、誰からもちやほやされる弟、
姑のプレッシャーから葬儀当日に子作りをせがむ妻、
頑固でかんしゃく持ちの叔父…

その他個性的で、何かしらのトラブルを「起こさない筈がない」親戚たちが、
続々と葬儀に訪れる。

さらには、葬儀に来ていた見知らぬ男が、
亡き父のとんでもない秘密を明らかにして、
主人公たちを混乱に陥れるのだ。 

だいぶドタバタして不謹慎なところもある物語だが、
コメディが好きならばお勧めである。

その場で繰り広げられる嫁姑や親戚同士のやりとりは、
日本人であってもどこか身近に感じるのではないだろうか。

制作年:2010年 上映時間:90分 制作国:アメリカ
監督:ニール・ラビュート
キャスト:クリス・ロック、マーティン・ローレンス、レジーナ・ホール 他

出典:小さなお葬式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る