香典はいくら包むべきか?

imasia_4568997_S

▼香典(こうでん)とはどういう意味?!

かつて死者の成仏を願い、滅罪するための布施として喪家(そうけ)は人々に食事を振る舞っていました。その際、たくさんの食料を準備して提供をするので多額の出費がでることから、そのような状況を扶助するために出来上がったのが「香典」の意味するところです。現在では線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋(=香典)に包んだものをさします。香典は通夜または告別式に持参し、故人との縁によって香典金額も変わります。

▼香典の相場を知ろう!

地域性も多分にありますがよく言われる相場は以下の通りです。ぜひ参考にしてみてください。ちなみに、かつて仏事には偶数は使ってはいけないと言われていたことがありました。また慶事でも同様で「割り切れる」数を好まない傾向があるようです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る