【今だから明かす あの映画のウラ舞台】緒形拳が宣伝に一役 直筆手紙でヒロ・ヤマガタに「社葬」イメージ画依頼

enn1612020830004-n1

今回は偉人を主人公にした映画ではない。

東映の“偉い人”の発想から生まれた異色作に宣伝マンの福永邦昭がどうコミットしたかに注目する。

緒形拳主演の「社葬」(舛田利雄監督、1989年)。

岡田茂社長(当時)が、伊丹十三氏の初監督作品「お葬式」(東宝配給)のヒットに触発されて企画した。

「映画界では長年忌み嫌ってきた題材。

客が入るとは思ってなかったので、“柳の下”を狙って同じモチーフの映画を模索した」

岡田が指示したのが脚本家の松田寛夫。

梶芽衣子主演「女囚さそり」シリーズや「誘拐報道」(82年)など

入念な取材で常に骨太のシナリオで定評があった。

「松田さんは『社葬』の題名を聞いただけで創作意欲が湧いたそう。

大企業のトップにまつわる裏話を岡田社長から聞いたり、

実際に大会社の葬儀に紛れ込んだり、綿密な取材を重ねてオリジナル脚本を作った」

大新聞社を舞台に、社長が芸者(井森美幸)相手に腹上死して起きる次期トップの座をめぐる抗争劇。

販売局長(緒形)と編集局長(江守徹)の丁々発止のやり取りが面白おかしく描かれた。

「内容はすべて大新聞社やテレビ局で起きた実話がモチーフ。

社内派閥の抗争劇はどの業界もあるはずで、人間ドラマとして観客の好奇心をあおると思った」

福永も興味をそそられながら宣伝戦略を展開。

企業小説の人気作家、高杉良を迎え、彼の小説や本作のモデルとなった人物の裏話を発信するとともに、

彼のコメントを入れた試写状を大企業の役員クラスに郵送。

これはかなりの反響があったが、試写会に来たのは代理人ばかりだった。

201510032313166c5

ここでもうひとりの“偉い人”が登場。

販売局長役に入れ込んだ緒形が宣伝に一役買った。

美術に造詣の深い緒形は、米国在住の人気イラストレーター、

ヒロ・ヤマガタに映画のイメージ画を依頼することを提案。

福永は緒形に毛筆の手紙をもらい、シナリオとともに送った。

1週間後、イラストとヤマガタのメッセージが届いた。

《ストーリーが面白いので報酬は無料で結構、イラストは多色刷りで、限定200部が条件》

「早速、緒形さんに報告すると『さすが世界の一流やな』と彼の好意を称賛した。

イラスト200部はプレゼントに使ったが、予想通り大きな話題を呼んだ。今あったらお宝ものです」

映画の評価はさまざまだったが、「大新聞からは黙殺された」。

唯一、その年の「毎日映画コンクール」で松田が脚本賞に選ばれた。

緒形が亡くなって8年。

東映で“ケンさん”といえば高倉健だが、福永には“もうひとりのケンさん”だった。

 

■福永邦昭(ふくなが・くにあき)

1940年3月17日、東京都生まれ、76歳。

63(昭和38)年、東映に入社。洋画宣伝室や宣伝プロデューサー、

宣伝部長、東映ビデオ取締役を経て、2002年で定年退職。

一昨年、「日本元気シニア総研」に参加し、研究委員、シニアビジネスアドバイザーの資格を取得。

 

出典:zakzak

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る