この冷蔵庫壊れすぎ!販売店の対応に怒った葬儀人のリベンジが秀逸w

e0f505c86c779fc1123da2a8080fcb32

霊柩車から厳かに運びだされる白い箱…。

イギリスで撮影されたある“葬列”の動画が話題になっています。

霊柩車で運ばれた冷蔵庫

棺を運んでいるのはケント州コックスヒースで葬儀人として働いているラファエル・ラーモンスさんら、葬儀社の人たち。

向かっている先は電化製品や日用品などを販売するArgosの店舗です。

freezer-2-401x710

実はこの箱は、冷蔵庫。

ラーモンスさんの79歳の母親の物だそうですが、壊れたため返品にきたのです。

2年間で4台の欠陥品

なぜこんな仰々しい返品をするのか。

それは店舗の対応が腹に据えかねたからだそう。

ラーモスさんの母親は、2015年に新品を買いましたがすぐに壊れたためArgosに連絡。

ラーモスさんによると「その冷蔵庫は明らかに欠陥品だったのに、店側は新品と交換せず、修理人を寄こして修理しただけだった」といいます。

案の定、6週間後に再び壊れ、また店に連絡。

今度は新しい商品を送ってきたそうですが、またそれも欠陥品…。

さらにその後2回送ってきた商品も壊れたそうです。

店舗側の対応に腹を据えかね…

最後の冷蔵庫が送られてきたのは昨年8月だそう。

ラーモスさんは言います。

「それも壊れたからもう返金して、商品を持って行ってくれと言ったんだ。すると運ぶ車がないから、霊柩車で持ってきてくださいっていうようなことを言われた」

冗談だったのかもしれませんが、当然ラーモスさんの怒りは爆発。

ではそうするよ、とばかり、今回の“葬儀”に至ったのでした。

freezer-1-388x710

ラーモスさんたちは、葬儀に使われる紫の布を冷蔵庫に掛け、実際と同じ手順で運んで行ったそうです。

https://www.facebook.com/100008751004548/videos/1648996552068696/

動画では、店舗のスタッフが運び込まれたものを見て、何が起こったか分からずまごついている様子。

「運送費の請求書もきっちり置いてきた」とラーモスさん。

お客さんには“好評”

「店のお客さんたちは面白がってたよ。その後バーに行ったら1杯おごってもらった」とのこと。

Facebookには「よくやった!」というコメントが多数届いています。

「でも母親はこのこと知らないんだ。とにかくあの冷蔵庫を家から追い出してほしいとそれだけが望みだったからね」

Argosの広報は「ラーモス様はつらい思いをされていることと思います。店舗で全額返金の用意をしてお待ちしております」と話しているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る