生命力のアーティスト・市原えつこ氏が「デジタル・シャーマニズム」で狙う新たな葬いとは

819_s

NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)の

「オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス」内新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」で、

2016年12月20日(火)から2017年3月12日(日)までの日程で、

市原えつこ氏による「デジタル・シャーマニズム--日本の弔いと祝祭」が開催されている。

「デジタル・シャーマニズム」は、日本の民間信仰とテクノロジーを融合させることをテーマにしている。

今回は2つの作品が展示されている。

まず、「デジタルシャーマン・プロジェクト」は、

死者の顔をプリントした仮面をつけたヒューマノイドロボットにその人の言葉や身振りなどの身体的特徴を

「憑依」させる動作プログラムを入れて、遺族と死後49日間を過ごすというコンセプトで新しい弔いの形を提示した作品だ。

もともと市原氏が亡くなったお祖母さんをきっかけに「弔い」を再考した結果、生まれた作品だという。

これまでは等身大のヒューマノイドであるソフトバンクの「Pepper」を使った展示が多かったが、

今回のICCでの展示では小型ヒューマノイドの「NAO」が使われている。

なお、今回プリントされた顔の方は存命している。詳細は後述する。

もう1つの展示は「秋葉原のナマハゲ」。

秋田県男鹿市「ナマハゲ」をモチーフにした新しいプロジェクト「都市のナマハゲ – NAMAHAGE in Tokyo(日本のまつり re-design)」の紹介だ。

ISIDイノラボと市原えつこ氏の共同プロジェクトで、お面部分はアーティストの池内啓人氏、

衣装はファッションレーベルのchloma(クロマ)による。2月には映像が公開される予定だ。

エロから祝祭、死と葬いへ

市原えつこ氏。アーティスト、妄想監督

 

世間的には、市原えつこ氏は、学生時代から手がけていた

「セクハラインターフェイス・喘ぐ大根」で一番よく知られていると思う。

市原氏が日本の性分化に触発されて制作された作品で、大根をなでると喘ぐ、というものだ。

仕組みは単純で、大根に電極が刺されていて、人が触ることで電圧が変化して、

音の再生速度を変えることで「喘ぐ」デバイスだった。

また、Pepperの胸部タブレットを女性の乳房にした「ペッパイちゃん」はネットで炎上。

こちらは違う意味でも話題になった。

しばらくエロとテクノロジーを組み合わせたナンセンスな作品制作を進めて来た市原氏だが、

「エロネタはもうやり尽くした」とのこと。

そもそもエロ+技術ネタが続いていたのも、社会人になって就職したことで、

まとまった時間の確保が難しくなったため、新たなテーマを仕込むことが難しかったという側面も強かったという。

「ようやく自分が何をしたいのか分かった」、「これが原点でこれからクオリティを上げていく」

と語る市原氏が今興味を持っているのは「祝祭」であり、「死と葬い」だ。

テクノロジーと魔術的なものや宗教との距離は近いと考えているという。

また、「宗教が担っていた機能の一部を技術が代替できるのではないか」と考えていると講演等で語っていた。

筆者個人は、技術は基本的に人の幸福のために使われて欲しいし、人が主観的に感じる幸福感と、

死生観や宗教的なものとは切っても切れない関係にあると考えている。

原点から新たなスタートを切ろうとしている市原氏に、ここでいったん話を伺っておきたいと考えて取材をお願いした。

 

他者を弔うことと、自分の生の解像度を上げることとの繋がり デジタルシャーマン

市原えつこ氏

まずは今回の展示の「デジタルシャーマン」について。

仏教では、人は死後四十九日の間は現世とあの世との間を漂っているとされている。

「デジタルシャーマン」は、その四十九日の間、人型ロボットに魂が宿っているという体のアートである。

そして魂の行く先が決まる四十九日の最後の日、ロボットに宿っていたそのアプリも動作を終えるという設計になっている。

死者があの世から戻ってきて宿っているという設定の理由は「日本人的死生観や宗教観に合わせようと思った」からであり

「自分が霊的なものを心の底では信じているからかもしれません」という。

「生前のメッセージの再生だと、普通に遺書じゃないですか。魂もどきを現前させるようなイメージです。

それで死後に何か言いたかったことを言っているという振る舞いにさせました」。

制作のきっかけの1つは、2015年2月に市原氏自身の祖母が亡くなったこと。

その時に人の不在に対して処置をする「葬儀というシステム」が、よくできていることを実感したという。

「人間の感情の整理のシステムとして非常に優れている感じがしました。

身近な人の死はなかなか受け止めきれないし、何もないところで『折り合いつけてよ』って言われても気が狂うんじゃないか。

それを、死んですぐに通夜があるバタバタ感でまぎらわすとか、初七日でどんどん遠ざかって行く中で社会的に

その人がいないことを周囲に知らしめることができる。

作業を通して自分も『その人がいない』ということに折り合いをつけられる。

自分で感じたというより、お坊さんをやってた人に聞いてなるほどと思ったんですけど」。

市原氏は当時、WebサービスやスマホアプリのUI/UXデザイナーとして会社員の業務を行なっており、

そこでPepperのアプリ開発の仕事をして親しんでいたこともあって、これからの時代、家庭に人型ロボットがいる時に、

それを1つのメディアとして新しい葬いができないかと考えて発想した。

最初はSNSのログから合成音声で本人のような喋り方をさせられないかと思って試してみたが、

「全くその人っぽくなかった」。

そこで、死後に現世に魂が戻ってきてロボットに憑依したという設定の状況下で、

大事な人たちにどんなことが言いたいかとヒアリングをし、録音したものを再生することにした。

笑い方や身振り手振りのモーションも、本人を連想させるものにしてノンバーバルコミュニケーションを重視したという。

藤井氏の話は面白かったという

なお、モーションのプログラミングや、ロボットのアプリケーションの実装は市原氏自身ではなく、別の知人が行なっている。

市原氏はコンセプトを示すディレクションという立場であり、それはほかの作品でも同じだ。

作品制作のためのメンバーは毎回、スキルや意思疎通を含めて検討し、

「この人がふさわしい」と思える人を探し出してきてチームを組んでいる。

適切な人が集まってくるのがまた不思議なところである。

「イラストは描けるんです。

『こういう世界観がやりたいんですよ』というと、協力者の方が現れたりする。

やりたいことをやりたいと思ったときの執念みたいなのはすごいので。

『死ぬまで離さんぞ』みたいな気持ちはあるかもしれないです。

周りが飽きても最後までやってることが多い気がします」。

そもそも仮面を貼りつけようという発想は、最初に市原氏自身が顔のスキャンデータと出力を持っていたこと、

それを手で持って動かすだけでも割と面白いという気づきから始まったという。

最初はロボットも一から作ろうと思ったが、ふと気がつくと全身とアプリ開発基盤が

揃ったPepperが既にあるのであれば、そのまま使う方が安いと気がついた。

ただ最初は、誰でも使えるサービスを想定していたそうだ。

しかし途中で自分自身にフォーカスし、「自分の身体の抜け殻みたいなものを再現したい」と思ってやってみたところ、

それが、はまった。誰でも使えるものよりも「自分ごと」にした方が面白かったし、

シンプルな機構で本人っぽさを再現できると思ったそうだ。

ちなみに市原氏自身のものは、高笑いする動きや、うなづきかたに特徴を持たせている。

それを、死者への葬いの新たな再設計という考えとくっつけることで、デジタルシャーマンが生まれた。

「魔術とテクノロジーって近いんじゃないかという直感がその頃からあって。

それを証明したいなと思って作りました」。

市原氏の考える弔いとは「死者や不在に対する処理の仕方。

大切なものが抜け落ちたときに自分なりに折り合いをつける手段」だ。

市原氏は「一度死者を弔っておくと、自分が死に近づいたときにも心の安定に繋がる」と考えている。

「自分の祖先をきっちり弔うことは、自分の死が迫ったときの心の支えになるものだと思ってます」。

「自分の命の終わりを意識してセットすることで、ただ単純に生きているときとよりも

『生きることへの解像度』が上がると思ってます」。

なお「デジタルシャーマン」は文化庁の「メディア芸術クリエイター育成支援事業」と、

総務省の「異能vation」の支援を受けている。

今回の展示では研究者でVRベンチャー代表取締役でもある藤井直敬氏の仮面をつけたロボットNAOが

レスリングのリングのようなところに鎮座しており、頭部を触ると、喋り始めるという展示になっている。

今回の展示は、完成したというよりはプロトタイプができたので世にいったん出して見て、

来年以降継続開発していくための意見収集という側面が強いという。

「放映や掲載後の反応を見て、『ああ、こういうふうに思うんだ』と意外に感じたりするのが面白いです」。

 

出典:PC Watch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る