映画界の仙人・鈴木清順監督逝く

ssj222-jpp023369630

映画「ツィゴイネルワイゼン」など不条理な世界観を独特の映像美で描き、

国内外で高い評価を受けた映画監督の鈴木清順さんが、東京都内の病院で亡くなりました。

93歳でした。

鈴木さんは大正12年に東京で生まれ、助監督を経て、

昭和31年に日活の映画「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督としてデビューしました。

アクション映画のほか、仁侠映画の「関東無宿」や人気小説を映画化した「肉体の門」など、

独特の色彩感覚で映像美を追究した映画作りは「清順美学」とも言われ、人気を集めました。

昭和42年、組織に追いかけられる殺し屋を描いた「殺しの烙印」を発表したあと、

作品の内容や興行成績をめぐって日活の幹部と対立して解雇されました。

これに抗議したファンやスタッフらがデモを行うなど一時は社会問題に発展し、

鈴木さんは10年間にわたって映画界を離れました。

復帰後、昭和55年に発表した「ツィゴイネルワイゼン」は、大正レトロの雰囲気が色濃く残る昭和初期を舞台に、

あの世とこの世の境を漂うような不条理な世界観を独特の映像美で見せて、

ベルリン国際映画祭で審査員特別賞を受賞したのをはじめ、数多くの映画賞を受賞しました。

その後に製作された、故・松田優作さん主演で絢爛豪華な舞台セットや不思議な世界観が話題となった「陽炎座」と、

沢田研二さんの幻想的な美しさが引き立つ「夢二」の2作品を合わせて

「大正浪漫三部作」と呼ばれる作品は、鈴木監督の代表作として知られています。

その後も、「ピストルオペラ」や「オペレッタ狸御殿」など、斬新な映像表現の作品を作り続けるとともに、

白いひげと柔和な風貌でテレビドラマや映画、コマーシャルにも出演し、俳優としても活躍しました。

鈴木さんは、最近では、おととしの春にドキュメンタリー映画に出演するため、

インタビューを受けていたということですが、今月13日、都内の病院で慢性閉塞性肺疾患のため亡くなりました。

篠田監督「バンカラな気風だった」

亡くなった鈴木清順監督と共に助監督時代を過ごした、映画監督の篠田正浩さんはNHKのインタビューに応じ、

「映画監督の小津安二郎の仕事を生で見ている数少ない人が、またいなくなってしまった。

90歳を超えて亡くなったことは、天寿を全うしたということだと思う。

鈴木さんたちと一緒に仕事ができたことは、自分のキャリアを考えるととてもよかった」と話しました。

また、助監督時代の思い出については、

「鈴木清順さんは、撮影所にげたをはいて、手ぬぐいを腰に巻いてバンカラな気風だった。

僕が監督のカットについて、『違う撮り方のほうがいいんじゃないか』と言うと、『自分の考えは他言するものではない。

自分のアイデアは自分が監督になってから使えばいい』と言われたことを思い出します。

能ある鷹は爪を隠すという言葉がとても合っている人でした」と懐かしそうに話していました。

大谷直子さん「みんなの尊敬を受けていた」

映画監督の鈴木清順さんが亡くなったことについて、

映画「ツィゴイネルワイゼン」に出演した女優の大谷直子さんは

「撮影は、全編、鎌倉で合宿のような状態でしたが、監督は、あの風貌のまま、ひょうひょうとされていて、

スタッフの中に溶け込んで、みんなの尊敬を受けていらっしゃいました。

撮影中は冷静で、大声を出さない印象で、私はまだ20代の生意気ざかりでしたが、

監督に『この役ってどうしたらいいか、よくわからないのよね』なんてよく質問していました。

監督は『いいんだよ、お嬢さん。僕の言うとおりにしていれば大丈夫だよ』とおっしゃるばかりで、

監督の手の上でころころ転がされているようにスムーズに撮影が進んだのがとても印象的でした」と話していました。

そして、「映画史に残るすばらしい作品をたくさん残され、93年という長い人生を生ききったんだと思います。

本当にご苦労様でした」と話していました。

高橋英樹さん「ユニークな演出法で勉強になりました」

鈴木清順さんが監督を務めた映画「けんかえれじい」に出演した高橋英樹さんは

「日活時代に『けんかえれじい』をはじめ、さまざまな作品でお世話になりました。

ユニークな演出法で、当時の若い私にとりましてはとても勉強になりました。

ご冥福をお祈りいたします」とコメントしています。

渡哲也さん「演出方法がすごく斬新」

映画監督の鈴木清順さんが亡くなったことについて、「東京流れ者」で主演した俳優の渡哲也さんは

「監督に出会ったのは、私が映画の世界に入ってまもないころで、まだ、芝居の「し」の字もわからない時でした。

監督からは演技を手とり足とり教えてもらいました。

ご一緒したコマーシャルの撮影でも、台本にはなかった踊りをいきなり入れるなど、

演出方法がすごく斬新だったのが思い出に残っています。ご冥福をお祈りしてます」とコメントしています。

由紀さおりさん「発想がとても独特」

鈴木清順さんが監督を務めた「オペレッタ狸御殿」に出演した歌手の由紀さおりさんは

「出演した映画は俳優の平幹二朗さんと共演したのも思い出で、平さんが旅立たれ、

監督も旅立たれて、とてもさみしい思いです。監督からは現場で、

『妖怪の役なので、あめ玉を口に入れてセリフを言ってほしい』と言われて、とても驚いた記憶があります。

監督の発想はとても独特で、映像の演出も赤とグリーンの色のあでやかないい意味でショッキングな色彩の感覚を持っていました。

ご冥福をお祈りいたします」と話していました。

小林旭さん「想い出がありすぎて 言葉がありません」

映画「関東無宿」などに出演した歌手で俳優の小林旭さんは

「日活時代から語り尽くせぬほどの想い出がありすぎて、言葉がありません。

ただただご冥福をお祈り致します」とのコメントを出しました。

出典:NHK NEWS WEB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る