史上、最も残念な死に方をしてしまった人たち【7選】

a98384_110406-viagra-5p_grid-6x23

今回は史上最も残念な死に方をしてしまった方々、7人をご紹介します。

そんなつもりはなかったのに間違って命を落とした7人の人たち。すべての共通点はいろんな意味で「過剰だった」ということだと思う。

それではさっそく見てまいりましょう。

■アドルフ・フレドリック スウェーデン国王 (在位:1751年 – 1771年) /食べすぎで死亡

アドルフ・フレドリック王の死因はセムラというシュークリームのようなもの、キャベツの酢漬け、かぶを添えた肉料理、ロブスター、キャビア、ニシンの薫製とシャンペンによる消化不良とされている。フレドリック王は食事の最後に大好きなセラムを14個も、ホットミルクとシャンペンとともに食べるのが大好きだった。食後1、2時間が経過したころ、腹痛とめまいと何らかの発作がおこり死亡した。

a98384_adolf-fredrik3

 

 

■フランツ・ライヒェルト /エッフェル塔からジャンプして死亡

1910年7月、オーストリア出身の発明家である彼は、現在のパラシュートと同じ原理の外套を発明しその成果を試すためにエッフェル塔から飛び降りた。しかしその外套は開くことなく彼は地上に激突した。その一部始終はたくさんの取材陣のカメラに収められた。

a98384_Flying_tailor3

 

■イザヤ・オティエノ /ヘッドフォンで大音量の音楽を聴いていた為死亡

著名なケニアの政治家の息子である彼は、留学先のカナダ、ブリティッシュコロンビア州で墜落してきたヘリコプターの下敷きになって死亡した。彼は手紙を出そうとポストに向けて歩いていた。ヘッドフォンで音楽を聴いていた彼は周囲の騒ぎや墜落してくるヘリコプターの音に気がつかなかった。

DSC0129crop.jpg

 

■イサドラ・ダンカン /長すぎたスカーフによって死亡

20世紀を代表するダンサーであり、モダンダンスの祖といわれる彼女は、1927年9月、フランスのニース近郊をスポーツカーの助手席に座りドライブを楽しんでいた。彼女は赤く長いスカーフを首に巻いていたのだが、そのスカーフが車の後輪に巻き込まれ惨死した。

a98384_isadora3

 

■ジェームズ・W・ヘゼルデン /セグウェイのオーナーがセグウェイで死亡

2010年9月、立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」を製造する会社のオーナーである彼は、自宅付近をセグウェイに乗っている途中、高さ9m崖から川へ転落し死亡した。彼は前の年の12月にセグウェイを買収したばかりであった。

a98384_segwaycliff2953

 

 

■韓国の28歳の青年 /ゲームのしすぎで死亡

韓国のインターネットカフェでオンラインのバトルシュミレーションゲームを50時間ぶっ続けでプレイしていた青年が、過度の疲労による心不全によって死亡した。韓国ではこのようにオンラインゲームをし続けたことによる過労死事故が何件も起こっている。

a98384_StarCraft_II_Zerg (1)3

 

 ■セルゲイ・ツガノフ /バイアグラを一瓶飲んで死亡

彼は二人の女性とある賭けをした。1日の半分12時間を休みなく行為に及んで、二人をずっと満足させることができたら3000ドルをあげると。彼はバイアグラを1瓶飲み、其の賭けに臨み12時間後彼はみごと賭けに勝った。しかし数分後に心臓発作で死亡した。

a98384_110406-viagra-5p.grid-6x23

 

ホントに残念な死に方ばかりですね。できれば良い死に方をしたいものです。日ごろから十分注意して生きていこうと思いました。

出典:忘郷クオリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る