突然来る御不幸・・・葬祭メイク、知っておくと一目置かれる良い女

lala_426720140921153047-thumb-1000xauto-17827

突然来る御不幸…お祝い事と違って、思ってもいなかった時に葬儀に参列する事になります。よって結婚式のようにプロにメイクしてもらったり、事前に準備したりする事ができないものです。

突然で時間がなかったからとは言え、まれに非常識な格好やメイクをしてくる方がいらっしゃいます。亡くなった方の弔いの場にざわざわと話題になるようなマナー違反は避けたいものです。

ではお通夜、お葬式時のメイクとはいったいどうすれば良いのでしょう?薄付き、シンプルである事はなんとなくわかりますが、だからと言ってノーメイクで来る方、これはマナー違反です。きちんとメイクしつつ、かつ控えめな品のある葬祭メイクについてご紹介します。

マットなベースメイク

まずはベースメイクですが、厚塗りは避けますが、シミや赤味などはきちんと隠しましょう。全体にパール入り、ラメ入り、つやの出るリキッド・クリームファンデーションで仕上げるのは避けましょう。

間違いないのは上記が入っていないパウダーファンデーションやフェイスパウダーを中心に仕上げること。

また黒っぽいファンデーションの色も避けます。面積が広いのでこれはかなり目立ちます。いつも華やかメイクをしていて持っていなければ、安価なファンデーションでよいのでストックしておきましょう。

色の無いアイシャドウ

アイシャドウはつけなくてもOKです。つけたければパール、ラメを避けマットなベージュ、ブラウン系に留めましょう。ブルーやグリーンなどの色味のあるものはお気に入りがあっても絶対禁止。

また、色を使う場合は、伏し目がちにする事が多いので、濃いシャドウは広い範囲に入れないように横入れで目尻3分の1に入れるくらいに押さえましょう。つけたのか、つけてないかわからない程度が○。

最近はほとんどパール、ラメが入っているので、アイシャドウは使わずにくぼみがちな目にはハイライトを軽くつけたり、目元が寂しすぎるのが悩みな方はアイラインを引いてそれをぼかすようにしても良いかもしれません。

切れ長な目元

アイラインとマスカラはつけなくてもOKです。涙を流してアイラインやマスカラがどろどろ流れるようでは見た目もよくありません。しかし、アイシャドウもアイラインもマスカラも無いと目元がぼやけ過ぎる、いつもと違いすぎるという方はもちろん入れても構いません。

ただし、目元パッチリを避け、切れ長に入れていきます。アイラインも太さがあったり、ビューラーを使ってまつ毛を上げたり、マスカラを何重にも重ねるというのは華やかさを強調するメイクになりますので、目元パッチリメイクは避けましょう。

もちろん、つけまつ毛は必要ありません。あるタレントさんがお葬式時につけまつ毛をしっかりつけ、目元バッチリメイクをしていてマスコミにたたかれている事もありましたね。

切れ長アイメイクは目尻の方を中心にアイラインを入れたり、マスカラも目尻中心にマスカラを横に動かしてつけるようにしていきましょう。目を開けていても伏し目がちに見えるアイメイクができたらなお美しいと思います。

きちんと眉

眉は描きます。描かないと寂しい印象を作る事はできますが、眉は整えないと一気にやぼったくなります。しっかり描く必要はありませんが、きちんと整う程度には描きましょう。

はっきり描く、上げて描く、角度をつける、短すぎる眉は全て活発で元気なイメージを与えますので、上げないでやや直線の短すぎない眉を描きます。はっきり描いてしまう方はパウダーで描く方が良いと思います。持っていない方は描いた後にしっかりぼかしましょう。

口紅は光らせない

口紅は黒で色のない葬祭メイクに唯一色を添えても良い場所です。しかしやはり派手な真っ赤、ピンク、オレンジなどは避けた方が無難でしょう。口紅はしなくても良いですが、ご自身の唇に色味がない場合は、顔全体に色味を控えているので死人のように見えてしまいます。

他で色を持ってくるより、口紅で色を足した方が間違いないメイクができやすいです。絶対に気をつけるべきなのが、ラメ、パール、グロスなどでのテカリはNGです。このような厳粛な場では光は抑えましょう。しかし、最近若い方はマットな口紅をもっていないという場合も多く聞きます。

できれば安価なものでよいので1本ストックしておくか、母親に借りるなどした方が良いでしょう。若い方の場合、血色もあると思われるので、どうしても用意できなければ、キラキラさせるよりは口紅は無しか、グロスをしてティッシュでテカリをしっかり押さえるという手もあります。

チークはほのかに

チークはしなくても構いません。チークを入れる場合は、斜め入れや丸くポンポン入れは避けましょう。頬全体にうっすらとぼかすように横広く入れる程度でOKです。原色に近いピンクやオレンジは避け、華やかな色しかない場合はファンデーションと混ぜるなどして優しい色を使いましょう。

ちなみにハイライトやシャドウカラーは入れません。メリハリをつける必要はないので入れないと覚えましょう。

1つ1つ説明していきましたが、しなくても構わない所を全部しないとのっぺらぼうになり、印象が悪いですので、トータルメイクで抜いて良いのは1~2ヵ所です。基本、ルールに沿って少しずつ丁寧にメイクをすると礼儀ある品の良いメイクに仕上がります。

突然の忙しい中でも、マナーを守りその場に合わせてきちんと手をかけていく事は、亡くなられた方へもそして親族の方へもきっとその方を大事に想っていた気持ちが伝わると思います。

今回はお通夜、お葬式を例に挙げましたが、1パターンできれば、法事、墓参り、お盆…などなど全ての厳粛な場で活用できます。いざという時に焦らないように確認し、いつ何時も常識ある美しい女性になりましょう。

出典:美容ブログ「女性の美学」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る